プーアル茶を普段飲まれる方や、妊婦さん、受注中の方が気にしているカフェインの含有量について調べてみました。

 

人気のプーアル茶カフェリン含有量比較

まずは人気のプーアル茶に含まれるカフェインの量を比較してみます。

カフェインの含有量は100ミリリットル当たりの含有量です。

また、含有量は公式サイトに掲載されている数値となっています。

詳細は公式サイトでご確認ください。

リンク 100mlあたり
ティーライフ

30mg
オルビス 4~15mg

 

その他ドリンクのカフェイン含有量比較

プーアル茶に含まれるカフェインの含有量はわかっても、一般的な飲み物にどれだけのカフェインが含まれているのか?は知らない方ほとんどだと思います。

そこで、一般的に飲まれる方が多い飲み物についてカフェインの含有量を比較してみました。

あくまで一般的な数値となっていますので、参考程度にご覧ください。

100mlあたり
コーヒー 40mg
お茶 11mg
紅茶 20mg
コーラ 8mg
レッドブル 30mg

 

妊娠中、授乳中のプーアル茶のカフェインの影響

妊娠中、授乳中の方はカフェインの摂取について気になると思います。

そこで、妊娠中、授乳中の方がプーアル茶に含まれるカフェインについて調べてみました。

 

ティーライフ公式サイト引用

Q.妊娠、授乳中ですが飲んでも大丈夫ですか?

A.お医者様にお茶を制限されていない方でしたら大丈夫です。
ダイエットプーアール茶はダイエット中の方に人気の成分だけでなく、ビタミンB1、ビタミン B2、マグネシウム、カリウム、鉄など健康維持に欠かせない成分も含んでいます。ご心配なようでしたら、かかりつけのお医者様にご相談の上、お召し上がり いただくことをおすすめします。

以上のように、プーアル茶が人気のティーライフでは「よくあるご質問」ページにて掲載しています。

ですので、妊娠中、授乳中の方はまずかかりつけの医師にプーアル茶を飲んでものよいのか?を質問してみましょう。

かかりつけの医師の回答をもらってからの方が安心してプーアル茶を飲むことができますよね!

 

カフェインレスのプーアル茶

プーアル茶は発酵させて作るお茶のため、ノンカフェインで作ることができない飲み物です。

もしそういったものがノンカフェインとして販売されていた場合、飲みたいですか?

本来カフェインが含まれている飲み物なのに、ノンカフェインです。

ちょっと怖いと思いますよね・・・。

どうやってノンカフェインにしているんだろう・・・と疑問に思うのが普通だと思います。

ですので、プーアル茶でノンカフェインをお探しの方は、残念ながらあきらめた方が良いと思います。

 

ノンカフェインのお茶

プーアル茶はどうしてもカフェインが残ってしまうことを紹介しましたが、その代わりにカフェインのないお茶を紹介します。

プーアル茶の代わりに飲んでみたい方はチェックしてください。

 

ルイボスティー

ルイボスティーはノンカフェイン、ノンカロリーのお茶です。

ダイエットにはもちろん、妊娠中、授乳中の方でも安心して飲むことができます。

また、抗酸化力は緑茶の50倍と言われています。

そのため、妊活雑誌や妊婦さん向けの雑誌などにも掲載されているルイボスティーがあります。

 

妊活雑誌に掲載されたルイボスティー⇒【妊活専門】高品質のルイボスティーはエルバランシア